ようこそインターネット検査予約(e-桜橋渡辺CT予約システム)へ

「造影CT検査の問診・承諾書」が新しくなりました

このたび、「造影CT検査の問診・承諾書」の様式を変更いたしました。インターネット検査予約(e-桜橋渡辺CT予約システム)よりご予約いただきましたら新しい「造影CT検査の問診・承諾書」をダウンロードし、ご持参いただきますようお願い申し上げます。

インターネット検査予約(e-桜橋渡辺CT予約システム)をリニューアルいたしました

登録医療機関様がさらに便利に・快適にご利用いただけるようリニューアルいたしました。これまで以上にご活用いただきますようお願い申し上げます。また、これまでの「医療機関コード(病院コード)」と「パスワード」でご利用になれます。

最新心臓CT検査機器の導入

このたび、Brilliance 256 Slice Helical CTを第二CT室に導入いたしました。[続きを読む・・・]

2台の心臓専用CTの導入により、患者さまをお待たせしないスピーディでスムーズな心臓CT画像検査診断の実現を目指します。

医療機関コード(病院コード)とパスワードをお持ちの医療機関様へ

当院よりお送りさせていただいております「医療機関コード(病院コード)」と「パスワード」をご準備ください。

次に、左のメニューから「造影冠動脈CT検査予約」「非造影冠動脈硬化検査(カルシウムスコア・メタボリックシンドローム)予約」を押して、予約受付を行ってください。[検査の詳細はこちら・・・]

新規にe-桜橋渡辺CT予約システムをご利用される医療機関様へ

「医療機関コード(病院コード)」および「パスワード」をお持ちでない医療機関様は、「新規医療機関の登録」を押し、登録手順を確認してください。[新規医療機関の登録はこちら・・・]

CT造影剤

ACC/AHA 2009 STEMI/PCI Guidelines Focused Updateの報告より、等張性ヨード造影剤と従来の非イオン性造影剤の比較においてIohexol とIoxaglateは、造影剤腎症発症に有意差を認めたため、造影CTにおいても安全性のエビデンスを考慮して上記造影剤を選択することとなりました。

造影剤の副作用について

0.1~5%未満で悪心、嘔吐などの軽度の副作用が見られます。また、0.04%未満でこれより重篤な副作用が見られることがあります。

検査を受ける患者様の検査前後の看護ケアーは、これまで当院で、1万人以上の患者様の心臓CT撮影のケアー実績をもつ、関本看護師を中心に3人の専門スタッフが対応させていただきます。不明な点がございましたら遠慮なく声をおかけください。放射線科技術スタッフと協力しながら、対応させていただきます。

同意書

患者様に造影剤投与のリスクとメリットを十分にご理解いただいた上で、同意書にご署名をいただければ幸いです。また、ご不明な点やご質問がございましたら、放射線受付で、ご説明させていただきます。

受付には、放射線領域での豊富な知識と、長年、愛媛県の保健所、公立総合病院の技師長として、放射線撮影や放射線機器・放射線被ばく管理の豊富な経験を持つ、味口 博志(みぐちひろし)技師が、この2台のCT運用にあたり、シニアアドバイザーとして着任しました。シニアアドバイザーを中心に放射線科技術スタッフおよび医師と協力して、ご説明させていただきます。

また、インターネットからのご予約の場合は、承諾書のダウンロードが可能です。あらかじめよくお読みになりサインをしてご持参いただきますとさらに早く検査をうけることが可能です。

インターネット予約でご不明な点がございましたら、地域連携・入退院支援室までご連絡ください。

桜橋渡辺病院
放射線科受付は、1Fエレベーター前にあります。
Copyright 2006,2010 特定医療法人渡辺医学会 桜橋渡辺病院